加齢臭を食べ物で改善

加齢臭は食べ物でケアできる!活性酸素に負けない体作りをしよう

食事のイメージ

 

加齢臭、ミドル脂臭、汗の臭いなど、におい対策には体の外側からのケアが大事なのはいうまでもありませんが、体の内側からのケアも大切です。

 

加齢臭は、皮脂腺にあるパルミトオレイン酸が過酸化脂質と結びつくことで増えていきますが、不摂生な生活をすれば、皮脂腺の脂肪分も増えることになるので、結果として加齢臭が発生しやすくなってしまうんですね。

 

そのため、まずは脂肪分の少ない食事に切り替えることが大切です。

 

また、過酸化脂質は、体内の活性酸素によって増加することがわかっています。

 

そこで重要になってくるのが、いかにして体内の活性酸素をケアするかです。
活性酸素は細胞を傷つけるやっかいものですが、加齢臭を強めてしまうのも困りものでもあるんですね。

 

ここから先は、加齢臭ケアに効果的な食べ物、食事について、もう少し詳しくお伝えしていきます。
よかったら、参考にしてみてください。

 


加齢臭に効果的な食べ物

効果的な加齢臭対策には、体内の抗酸化力を高めることが大切になります。

 

そこで、抗酸化力のある食べ物を積極的に食べることをおすすめします。
抗酸化力のある栄養素には、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEが代表的で、カテキン、イソフラボン、ポリフェノールなどの抗酸化物質もおすすめです。

 

含有量の多い食材を挙げると、

 

  • ビタミンA(βカロテン)・・・にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、春菊、バジルなど
  • ビタミンC・・・ピーマン、レモン、ブロッコリー、パセリ、柿、キウイなど
  • ビタミンE・・・アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤ、アスパラガス、ウナギなど
  • カテキン・・・緑茶など
  • イソフラボン・・・納豆、豆腐など
  • ポリフェノール・・・赤ワイン、チョコレートなど

 

などがあります。

 

その他には、食物繊維や善玉菌も取り入れたいところです。

 

腸内環境が悪化すると、におい物質が呼気や汗と一緒に排出されるようになります。
そうならないために、腸内環境を整えてくれる食物繊維や善玉菌もきちんと取り入れるようにしましょう。

 

含有量の多い食材には、

 

  • 食物繊維・・・ひじき、ごぼう、オクラ、わかめ、きのこ類、オートミールなど
  • 善玉菌・・・ヨーグルトなど

 

などがあります。

加齢臭対策におすすめの食事

また、脂質も加齢臭には大敵なので、脂肪の多い肉類、マヨネーズ、バターなどは避けた方が賢明です。

 

それでは、具体的にどんな食事をするのがいいのかというと、

 

朝食の一例

主食・・・雑穀米
副食・・・納豆、お味噌汁、海苔、梅干し
デザート・・・ヨーグルト

夕食の一例

主食・・・玄米
副食・・・焼き魚、冷や奴、野菜炒め、漬け物
デザート・・・果物

 

あくまで一例ですが、昔ながらの和食はとても健康的ですし、ニオイケアにもおすすめなんですね。
ちなみに、梅干しは口臭など全てのニオイケアに効果的なので、毎日でも食べたい食べ物です。

まとめ

簡単にまとめると、バランスの取れた食事をきちんと摂ることが大事ということになりますね。

 

脂質の多い食事を続けてしまうと体内の脂肪が増えてしまうので、どうしても加齢臭が発生しやすくなります。
上記の抗酸化物質や食物繊維などを積極的に取り入れ、健康的な生活を送るようにしていきましょう。

 

今回紹介した食材、食事を全て取り入れるのは難しい部分もあると思います。

 

抗酸化物質を今までより多めに摂る、脂肪の多い食べ物を少なめにする。
これくらいならできそうですよね。

 

無理をしてもストレスになってしまうので、まずはできることから少しずつ始めてみたらいいのかなと思います。

トップへ戻る